この先「前線」につき立ち入るべからず

HN:BanMiko ”毎週土曜20時”記事更新(予定)

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? のちょっとした感想、考察

アニメが終わる前にいそいそと小説を買い2日ほどかけて現在出てる

すかすか1~5+EX、すかもか1~4を読み終えたばんみこ

 

もう一度会えますかの表紙を見て

「うわぁフェオドール嫌な奴だなぁ(´・ω・`)」と短絡的に思ってしまったことが情けない。

 

「君の邪魔をしてやる」っていうのは実際蓋を開けてみれば

「君たちを死なせない」あるいは「無駄死にさせない」とかそういう優しさ?なのかなそういう意味なんですよね。

(そういうところはヴィレムに似てるなと思ってます)

 

 

尼レビューで結構フェオドールはさんざんな書かれ方してますけど案外好きです彼。

(ウソが得意とは一体なんだったのか)

 

やっぱり妖精達の中に見え隠れするヴィレムが一番ですけどね。

 

 

それと内容についてボソボソ言うと、この状況でヴィレムどう生き返るの?とかネフレンとかライムスキンとか上層部どうなってんの?っていうのが今後の気になるところです。(無論そんなにバカスカ獣が消費されていいものかっていうのもありますけどね)

 

 

 

個人的には大賢者とか地神何やってんのお前ら???っていうのがマストウェイトですけどね。

 

 

今後については世界の秘密、地上世界についてはおおよそ書かれたのでもっと深くの回収しきれてなかった(あるいは書かれなかった)黄金妖精やら獣や軍と政治について書かれていくんでしょうか。

 

 

「考察」

 

とりあえず一番気になってるのはすかすか5巻のラストのシーンです。

ここで気になるのは

”ヴィレムとナイグラードなのに男と女としか書かれていなかった”ということ

”どうしてヴィレムは妖精倉庫にいけたのか”ということでしょう。

 

ヴィレムが獣化したあとのニルス師匠とのはなしで”分離状態にある”という話と

”対話する”ということに焦点を当てて喋ると彼がまた起きてヴィレムとして動くには

完全分離するか対話して無力化するのが正攻法なんじゃないかなと思ってます。

 

分離は置いといて対話はなんとなくできるような気がしないでもないなと思ってます。

フェオドールのインプの能力は作中で心の欠片を入れ替えて混ぜる力だと記載されていました。

 

じゃあ獣とごっちゃにしたら喋れるようになって対話できるようになるんじゃね?説

が一つ。(対話説)

延長線上で能力でフェオドールに獣が全部行くかヴィレムが押さえつけられる程度にもらうか説。(分離説)

 

ここで思い出したのが男と女しか書かれてなかった=男はヴィレムそのものじゃなかった説

完全侵食されたフェオドールが星神がエムネワイトを作ったようにヴィレムを作るとか。(わりと暴論説)

 

とりあえず5巻が出て大賢者とか主要な面々が出揃ってからが種明かしって感じですかね。正直彼が出てきていいことは妖精たちにしか無いですからね

(フェオドールは実質、前主人公にシーン結構さかれることになるので)